マッサージが癖になってしまう悪い例

こんにちは、かとう七宝治療院
院長の加藤です。


前回の記事ではりやマッサージは癖になりませんよ
というお話をしました。

前回の記事はこちら
はりやマッサージは癖になるのですか?

今回は例外としてマッサージが癖になってしまう場
合のお話しをしたいと思います。

マッサージが癖になる最大の原因が「強揉み」です。

前回でお話しした通り、疲れの溜まった身体はマヒ
しています。
そのマヒした状態でマッサージを受けても感じられ
ないので「もっと強くしてください」となります。

強く揉まれた筋肉は傷ついて硬くなり、辛いのでマ
ッサージでほぐそうと「もっと強く」とか「もっと
長く」となり、負のループが出来上がります。

本来マッサージは国家資格ですが、リラクゼーショ
ン目的のお店で資格をもっている人はほとんどいま
せん。

資格持ち・無資格で良い悪いを決めるわけではあり
ませんが、やはり無資格の方がお客の求めるままに
強揉みをしてしまうのが多いみたいです。

リラクゼーションに行く時や、家族にマッサージを
する時は、無理に強く揉まないように気をつけて下
さいね。

関連記事