梅雨のだるさと気象病

こんにちは、かとう七宝治療院
院長の加藤です。


とうとう6月に入りましたね!
今月が終わると1年の折り返しに入ります。
今のうちに今年のやるべきことを見直してもいい
かもしれませんね。

さて、6月と言えば梅雨の時期です。
梅雨になるとなんだか身体がだるくなったり、体調
が崩れたりしませんか?

梅雨の時期は低気圧配置が長く続き、気圧の影響で
体調を崩すことを「気象病」といいます。

気象病は大きく分けて2つのパターンがあります。
1.検査しても原因が見つからない不定愁訴
・身体がだるい
・やる気が出ない
・めまい
・イライラ

2.持病が悪化する
・片頭痛
・関節の痛み
・古傷が痛む
こちらは痛みを伴うので「天気痛」とも呼ばれます。

気象病の原因は?

まだ研究段階ですが、気圧の変化を感じるセンサー
内耳にはあると考えられ、気圧の変化に身体を順応さ
せるために信号を送ります。

自律神経が乱れていたり、乱れやすい人は、このセン
サーからの信号を受けて、脳が混乱してしまうことが
あります。

めまいは気象病の代表的な症状ですが、これも視覚の
情報
と内耳の情報ズレることで、脳が混乱してしま
い生じます。

脳の混乱ってあまり考えたことないですが、トリック
アートは脳の「錯覚」を利用していますし、それを見
て酔う人と同じかもしれませんね。

次回は対処法や予防法なんかを紹介したいと思います。

関連記事