チョコの嬉しい美容効果で楽しくチョコ生活

こんにちは、かとう七宝治療院
院長の加藤です。

当ブログ記事では皆様に笑顔でイキイキと暮らしていただくために
健康の大切さに気付いてもらい、元気で幸せな未来を歩むための
お手伝いをさせていただいております。



そろそろバレンタインが近づいてきましたね。
バレンタインと言えばチョコレート!
実はチョコレートには意外な美容効果があるんです。

今回はそんなチョコの嬉しい美容効果についてお話したいと思います。
ポイントは以下の3つとなります。

①カカオの2大成分
②食べるのは高カカオチョコレート
③チョコはちょこっとが肝心

①カカオの2大成分

・カカオポリフェノールの美容効果
チョコに入っているカカオポリフェノールが、美容効果の
代表的な成分です。

カカオポリフェノールには抗酸化作用があり、身体を酸化してしまう
活性酸素を除去してくれます。

他には血液をサラサラにして血行を良くする効果や、血管自体の
弾力性をしなやかにして動脈硬化を予防するなど、健康にも
良い効果があります。

・カカオプロテインで便通改善
カカオプロテインは難消化性で胃や小腸では消化吸収されず、大腸まで
そのまま届く性質があります。

そのまま大腸に届き、腸内細菌のエサとなることで、整腸作用
あったり腸の動きが促されます

②食べるのは高カカオチョコレート

カカオ成分が美容にも健康にも良い、というお話を上でしました。
つまり、食べるならより高いカカオ成分を持ったチョコレート
ということです。

一般的にはカカオの含有率が70%以上のチョコが美容に効果的
だと言われています。

スーパーやコンビニでも70%以上の高カカオチョコを見かけるので
手に入りやすいと思います。

高カカオということは苦みも多くなっています。
商品によっては砂糖を多く入れて苦みを緩和させているので、
購入するときは成分をチェックしましょう。

③チョコはちょこっとが肝心

唐突のダジャレは置いておいて、美容に良いからと食べ過ぎるのも
厳禁です。

チョコレートは基本的に砂糖や乳製品をたくさん使った高脂質・
高カロリーの食べ物なので、大量に食べるのはお勧めできません。

脂質は皮脂を過剰分泌させ毛穴を詰まりやすくしますし、糖質は
糖化と言って皮膚のコラーゲンと結びついて皮膚を硬くさせます。

もちろん大量に食べなければそんなことは起きません。
1日に1~2粒ほど、美容サプリみたいな感じでちょこっとずつ食べる
のがいいと
思います。

食べるチョコもシュガーレスであればなおのこと良いですね。
良いものが無ければ純ココアもお勧めです。

純ココアの方が脂肪分も少ないので、ダイエットをしている方には
こちらの方がいいかもしれません。
ただし、そのまま食べるわけにはいかないので、ココアを作るなど
の手間が必要になります。

チョコと純ココアではカカオポリフェノール違いは特にありません。
手軽さと低カロリーのどちらを選ぶかですね。

*最後に
たまに無性に食べたくなるチョコレートも、こんな美容効果が
あるなら罪悪感なく食べられますよね。
朝のヨーグルトに純ココアを混ぜる、なんて食べ方があってもいい
かもしれません。
僕は試したこと無いので味の保証はしませんが(笑)

関連記事