腰の痛み

患者
Mさん  30代  男性  公務員  名古屋市中川区

 

来院
平成28年11月

 

症状
2年ほど前にギックリ腰になり、その時は日にち薬で治まったが
仕事が忙しかったり、じっと立ちっぱなしだったりすると痛みが
出てくるようになった。

時々軽いぎっくり腰のような感じになるので、またヒドくならないか
不安で来院した。

 

所見
腰の筋緊張強く、前屈・後屈ともに痛みが出る状態。
腰椎の3~5番にズレが生じ、間も狭くなっている。
太ももの裏側の筋肉の緊張も強く、腹筋に力が入って抜けれない状態。

 

治療と経過
1回目の治療直後は前屈・後屈ともに痛みは無く、張りを多少感じる。
2~3回目の治療で張りも無くなる。
5回目の治療の時には立ちっぱなしで感じていた痛みも無くなったとのこと。
現在は2週間に1回のペースで、定期的にメンテナンスを受けている。

 

考察
Mさんは2年前のギックリ腰の時に、ちゃんと治療しなかったため
腰の筋肉が縮んだまま後遺症になっていました。
そのため筋肉の緊張が強く骨を圧迫してしまうことで、3~5番の
ズレが起きたと考えられます。

また、腰の筋肉の緊張が強いため腹筋にも力が入ってしまい、前屈・
後屈時の痛みや動きにくさが起きていました。

 

こちらの患者さまのお喜びの声

関連記事