自律神経について

こんにちは。院長の加藤です。



前の不眠のお話で自律神経に軽く触れたので、今日は
自律神経のお話をしたいと思います。

自律神経は交感神経副交感神経からなりたっていて、
その二つがバランス良くはたらく事で健康を維持して
います。

主に循環器や消化器などの内臓の調整、生きるために
必要な身体のはたらきをコントロールしてくれる神経
です。

扉を開けたり歩いたりするのは自分で意識的にコント
ロールできて、体性神経が関係します。

自律神経は心臓の動きなど自分ではコントロールでき
ない、無意識な働きに関係します。

そして昼間や身体の活動時に交感神経が優位になり、
夜間や安静時に副交感神経が優位になります。

それぞれが反対の働きをすることで、身体のバランス
を保っています。
このバランスが崩れた状態が続くのが自律神経失調症
です。
現代のストレス社会ではどうしても自律神経が乱れて
しまう人が多いですね。

交感神経や副交感神経の詳しい話は長くなってしまう
ので今回はここまでにします。

関連記事