肩の痛みと検査が必要な病気

こんにちは、かとう七宝治療院
院長の加藤です。
当ブログ記事では皆様に笑顔でイキイキと暮らしていただくために、
健康の大切さに気付いてもらい、元気で幸せな未来を歩むための
お手伝いをさせていただいております。

肩の痛み 検査 病気

肩の痛みを引き起こす疾患として、もっともよく知られているのは
「四十肩・五十肩」ですが、病院で検査を受けてみると違う疾患と
診断されることがあります。

今回は五十肩に似た肩の痛みに関連する疾患をご紹介いたします。

腱板断裂

腱板断裂は50歳以上の男性の右肩に好発し、肩の運動障害・運動痛
夜間痛を訴えます。
五十肩と違うところは、関節の拘縮が少ないところです。
腕を前から上げた時に、音が鳴ることもあります。

肩の痛み 検査 病気

腱板とは?

腱板とは肩甲骨と腕の骨をつないでいる腱をいいます。
写真ではわかりやすく棘上筋を載せてますが、本来は棘上筋・棘下筋
小円筋・肩甲下筋の4つの筋肉から構成されます。

腕を上げるのに重要で、年をとると共に柔軟性を失い、多くは
棘上筋の腱から断裂します。

主な症状

・肩を上げ下げするときに痛みや引っかかり、ゴリゴリと音が
鳴ることもある。
・自力で上げようとすると上がらないのに、反対の腕で持ち上げると
楽に上げられる。
・特に運動時や夜間に腕が痛む

腱板断裂の見分け方

腕を上げ下げした時に、胸から顔の高さだけ痛みを感じる場合は
腱板断裂の疑いがあります。
心当たりのある人はMRIや超音波検査で調べて下さい

腱板断裂は状態によっては手術が必要な疾患となります。
1年以上経っても痛みが変わらない時は、1度検査を受けることを
お勧めいたします。

 

石灰沈着性腱炎

石灰沈着性腱炎は腱板に石灰物質が生じる疾患です。
40代~50代の女性に多く、前触れなく突然肩に激痛が走り、腕を
動かすことが出来なくなります。

5つの症状がある

・無症状
・急性症状
急に腕を動かせない程の激しい痛みの襲われるタイプ、1番多い。
1~2週間で痛みは落ち着き、石灰物質も自然に吸収される。
・亜急性症状
無症状と急性症状を繰り返すタイプ、経過がわかりづらいのが難点。
・慢性症状
腕を上げると痛い、使い過ぎると痛みが出るタイプ。
筋肉に石灰物質が沈着して機能不全を起こしている。
多くが肩峰下滑液包炎を併発している。
・凍結肩に似たタイプ
拘縮症状がでることもあり、一見凍結肩のようだけど、石灰物質を
取ると拘縮は無くなる。

石灰沈着性腱炎の見分け方

1番わかりやすいのがレントゲン撮影です。
石灰が沈着しているところはレントゲンにうっすらと白く写ります。

慢性症状では、血流を良くして沈着した石灰物質を流してあげる
ことが大切です。
痛みがある程度治まったら、様子をみながら動かしてあげましょう。

*最後に

以前に五十肩のお悩みで来院されて、調べたら腱板損傷だった
患者様がいました。
その方の受傷理由はなんと出産でした。
細身の患者さまだったので、出産時の力みが強すぎて腱板を痛めて
しまったのだと考えられます。
こんな意外な原因で肩を痛めてしまうこともあります。

(→この患者さまの口コミはこちら

関連記事