くすみの種類と原因

こんにちは、かとう七宝治療院
院長の加藤です。
開院祝いにいただいたお花が、とうとうしおれ始めてしまいました。

m002-092
くすみには5つの種類があるって知ってましたか?

なので、くすみの種類に合わせた対策をしないと効果が表れない
なんてこともあるのです。

主なくすみの種類は5つあります。

①メラニンくすみ

②乾燥くすみ

③血行不良による青くすみ

④糖化によるくすみ

⑤汚れくすみ

そしてこれらくすみの原因は様々です。
今回はそんなくすみの種類と原因についてお話したいと思います。

①メラニンくすみ
肌が茶黒く見えるくすみで、しみとほぼ同じ状態です。

紫外線を浴びると肌はメラニンを作ってダメージから守ろうとします。

ターンオーバーが正常であれば、そのまま古い角質と共に排出されます
が、日焼けぶれによってメラニンが過剰に作られる状態が続く
そのまま定着してシミくすみになります。

②乾燥くすみ

肌がカサつき、全体的にグレーっぽく見える状態です。
肌の水分量が減ることで肌のツヤがなくなり、くすんで見えて
しまいます。

③血行不良によるくすみ
肌が青黒く、暗く見えます。不健康そうで疲れて見えます。
顔の血行が悪くなることで肌の赤みが失われ、顔全体が暗く見えて
しまいます。

④糖化によるくすみ
黄色や茶色にくすんで見えます。
体内の糖とタンパク質が結びついてAGEsという物質になります。
AGEsは黄褐色を帯びているほか、コラーゲンを硬化させてしまい
肌自体の弾力性も低下します。

⑤汚れくすみ
毛穴に詰まった汚れや古い角質が重なることでくすんで見えます。

 

いかがですか?ただ一言くすみと言ってもこれだけの種類があります。
自分のお肌に当てはめて、対策を見直してみるといいかもしれませんね。

対策についての記事はこちら→くすみの種類と対策

アンチエイジング美容鍼についての記事

アンチエイジングとは

アンチエイジング美容鍼の効果

顔に鍼を刺すなんて痛くないの?


電気を流すのは危なくないの?

関連記事