腰痛の原因と要因

こんにちは、院長の加藤です。
今朝はまた一段と冷え込んできましたね。

a1640_000385
腰痛は多くの方が悩まされている症状の一つで、当院に来院される患者さんの割合でも1番多い症状です。
これまでも多くの患者さんの腰痛を治療させていただき、良くなったと喜んでもらえてきました。

ですが、「原因はなんだったんですか?」と聞かれた時に「これです!」とはっきり答えたことはありません。
腰痛は複数の要因が複雑に絡み合って生じている場合がほとんどで、原因は一つじゃないからです。

主な腰痛の原因として大きく4つに分けられます
・筋肉や骨の障害による痛み
・神経の障害による痛み
・精神的な問題による痛み
・内臓の病気からくる痛み

この中の一つまたは複数の原因から腰痛の症状として表れます。

また、西洋医学的にレントゲンやMRIなどの画像検査を行って、腰痛の原因が突き止められるのは全体の15%しかありません。
残りの85%は腰痛を感じていても原因のわからない非特異的腰痛といい、「腰痛症」や「坐骨神経痛」と呼ばれます。
ぎっくり腰は腰に激しい痛みを感じますが、骨に異常がみられないので腰痛症に分類されます。

腰は身体の中心で何かと負担がかかりやすい部位です。組織の老化、筋力低下、運動不足、腰の疲労蓄積、生活習慣上の問題、姿勢のゆがみ、身体の間違った使い方、肥満による腰への負担増など多くの要因があげられます。

しかもこれらの要因は何がどれ位関係しているかは個人差があります。

これらの要因を背景に原因となる障害が生じ、腰痛として表れます。

当院はそうした背景となる要因を重要視しています。
原因を治療で改善しても、要因が改善されなければまた同じことを繰り返してしまうからです。

原因だけでなく要因を改善する、それが「快適な毎日」に繋がると考えています。

関連記事