神経の障害による腰痛

こんにちは院長の加藤です。
今日からまた一段と寒くなりましたね。

3a9171252ce564a9617f0d2d54964139_s
神経の障害による腰痛とは、脊柱からでた末梢神経が圧迫や絞扼などによって痛みと共に痺れを感じやすい腰痛です。
腰椎椎間板ヘルニア・腰部脊柱管狭窄症などが挙げられます。

腰椎椎間板ヘルニア
椎間板という椎骨と椎骨の間にあるクッションが、加齢やスポーツなどで柔軟性が失われたり潰れたりします。
その状態が進行すると、中にある髄核(ずいかく)が飛び出して、神経を圧迫してしまうことで痺れや痛みが生じます。
ヘルニアの場合痺れが生じるのは片側だけになります。

腰部脊柱管狭窄症
背骨(脊柱)には脊柱管という神経が通る管があります。
その脊柱管が加齢とともに狭くなってしまうことで、神経が圧迫されて痺れが生じます。
痺れが強くて歩けなくなっても、座って少し休むとまた歩けるようになる「間欠跛行」が症状にあります。
狭窄症の場合痺れは両側に生じます。


医者ではどうなる?
整形外科の治療ですと、軽度ならリハビリによる施術、中度なら
ブロック注射、重度なら手術を行います。

ですが、問題は手術をしても痛みやしびれが必ずなくなるわけでは
ないということです。

当院には手術は成功しても痛みや痺れが残った方や、手術を受けるまでではないけれど、腰痛に悩んでいる方が来院されます。
現在は改善されて月1のメンテナンスに来る程度の方もいますし、手術をしなくて済んだ方もいます

「ひどくないからまだ大丈夫」というのは、「ひどくなるまで待つ」という意味になりかねません。
普通に歩いて動けれる、そんな当たり前を失わないためにも1度身体と相談してみて下さいね。

 

他の腰痛の原因はこちら

筋肉と骨の障害からくる腰痛

精神的ストレスによる腰痛

内臓の病気による腰痛

 

 

関連記事