首の痛み

患者
Tさん 40代 男性 配達業 あま市七宝町


来院
平成28年12月


症状
仕事で車を運転することが多く、以前から運転中に首~後頭部にかけて
締め付けられるような痛みを感じる。
病院で筋肉を緩める薬を処方してもらっているが、全く効果を感じられない。

また、睡眠も浅く早く起きてしまうので睡眠薬を処方されている。


治療した症状
首のコリ、肩のこり、不眠


治療内容と経過
始めの検査で、上を向くと首の付け根のあたりに痛みが出るのと
左右を向いたときの動きに制限がありました。

痛みが出るのは仕事中なので、1回目の施術の後はどのように変化があったか
教えてもらえるようにお願いしてその日はお帰り頂きました。

2回目の時に聞いてみると、痛みは半分ほどになっておりその代わりに
右肩が気になるとのことでした。

3回目では首周りの筋肉の緊張も減ってきました。
5回目の時点で初回から1ヶ月が経ったころ、首の痛みも9割無くなり
仕事も苦も無くできるようになったので、首のトレーニング方法を指導した。


考察
初めてTさんを診た時、背中が丸まり顎を突き出した姿勢が、
運転している姿勢で固まってしまっているようでした。

Tさんの場合、疲労の蓄積による筋肉の硬直と筋力不足が原因でした。

長時間の運転に対して頭を支える筋力が足りず、姿勢が悪くなり
別のところにも負担がかかる悪循環が起きている状態です。

まず、筋肉を緩めることで痛みを取り除き、トレーニングの負荷に
耐えらえる状態になってからトレーニングを開始。

現在はより深く眠れるように自律神経の治療を行っている。

関連記事