当院が自費治療を中心に行う理由

こんにちは院長の加藤です。
昨日の朝も雪がチラつきましたね。まだまだ寒い日は続きそうです。

0802ad16d4569756cedf9c7f2f4b4fdf_s
当院への問い合わせで1番多いのが保険診療の有無です。
当院の保険診療は応相談となっております。

これは当院で保険診療を行う場合、鍼灸の保険診療となり、それには医者の同意書が必要になってくるからです。
そして鍼灸の保険診療は適用となる症状が決められております。

適用となる症状とは神経痛・リウマチ・頚腕症候群・五十肩・腰痛症・頸椎捻挫後遺症・その他医師が必要と認めたもの、となります。
これらの条件を満たしてはじめて鍼灸の保険診療を行えるのです。

そして保険診療の場合1回の施術料金はおよそ1500円前後となり、患者さんの負担は数百円になります。
これだけ見れば患者さんの負担は軽くていいことだと考えられます。
ですが1回およそ1500円の施術でどれだけのことができるのでしょうか?

1回およそ1500円の治療には限界があります。
それは施術内容であったり施術時間であったり様々です。
1500円の治療に1時間もかけていたら、院が成り立たなくなります。

そうなると治療の効果も相応のものとなってしまいます。
そこで生まれるのが「治らないけど安いから行く」という考えです。
そうやって毎日のように1年も2年も通っている人が大勢いるのが現状です。
働いている人は毎日なんて無理ですよね。

当院はそうした現状を変えたくて「治る・効果を感じられる治療院」を目的として開院しました。
1回数百円でも1年通えば数万円になってしまいます。
1回数千円でも1ヶ月で良くなる方がいいですよね?
気持ちいいだけよりもちゃんと効果を感じたいですよね?
長く通うにしても「治らないから行く」よりも、「治ったけどまた悪化したら嫌だから行く」の方が何倍も素晴らしいと思いませんか?

そうした想いから自費治療を中心とさせてもらい、1度診てから症状や患者さんの状況を鑑みて保険診療をすすめるようにしています。
誰だって「早く良くなりたい」と思うはずです。
そのために自費治療を中心として、どうしても長くかかる場合は保険診療にする方針をとっています。

お金は大切ですが、やはり体には代えられません。
当院は誠心誠意患者さんに施術させていただいております。

関連記事