いつでもどこでもできる手当て

こんにちは、かとう七宝治療院
院長の加藤です。

昨日から鼻がムズムズします。ちょっと花粉が多くなってきたかもしれません。


前回のたたくのダメ。絶対。で叩くのは止めましょうとお話しました。
(たたくのダメ。絶対。の理由)はこちら→たたくのダメ。絶対

今日は叩く代わりに簡単にできる手当を紹介したいと思います。

その名も手当てです。

「え?そのまんまじゃないか?」ごもっともです。
ですが1番簡単に行え、効果を感じやすいのが手当てなんです。

みんなが知っている当たり前の行為ですが、当たり前すぎて本気で手当てをしたことある人はいないでしょう。

ちょっと肩が凝った時、腰に張りを感じた時、そっと優しく10秒ほど手を当ててみて下さい。

きっと思っていた以上に軽くなった感じがすると思います。

コツは掌をちゃんと密着させることと、できるだけ優しく触れることです。
決して押さえつけるように触れてはいけません。
そしてそこから手を動かして、撫でてあげるようにするとさらに軽くなった感じがします。
知っている人は筋肉の走行に沿って撫でれると最高です。

たかが手当てと思うでしょうが、本気で優しく労わるように触れてあげるだけで身体は緩んでくれます。
まるで子供のようですが、身体の反応は素直ということですね。

いつも頑張っている身体を、叱らずに褒めてあげましょう。
きっと喜んでまた頑張ってくれるはずです。

関連記事