お尻のストレッチで腰痛予防4

こんにちは、かとう七宝治療院
院長の加藤です。
今朝は寒さで朝5時に目が覚めました。
まだまだ日中以外は寒いですね


今回でお尻のストレッチシリーズはひとまず終わりになります。
前回までのシリーズはこちら→お尻のストレッチで腰痛予防1 お尻のストレッチで腰痛予防2 お尻のストレッチで腰痛予防3

今回のストレッチは腰から足にかけて
症状を感じる人に特におすすめです。


①地面に足を伸ばした状態で座ります

②片方の足を曲げて反対の足に4の字になるように乗せます

③伸ばしている方の足を少しづつ立てていきます。

④身体が後ろに倒れないように腕で支え、10秒キープします

このストレッチの注意点は
・背中を丸めない
・身体を後ろに倒さない
・4の字にした足を寝かしておく

このストレッチをした時に詰まった感じがして足がうまく立てれない人は
股関節が硬いので股関節のストレッチも同時にやると効果的です。

股関節の硬さは足の冷えにも関係します
股関節のストレッチはまた今度の機会に紹介しますね。

関連記事