産後の骨盤の歪みと姿勢

こんにちは、かとう七宝治療院
院長の加藤です。

昨日は祖父と久しぶりにご飯に行きました。
86歳なのに元気にとんかつ食べてました(笑)


前回は産後の開いた骨盤は自然に閉じますよ
とお話しました。
前回のお話はこちら→産後の骨盤矯正は必要?

今回なぜ骨盤が歪んだ感じがするのか?
のお話をしたいと思います。

産後に骨盤が歪んだ感じがする原因は
姿勢の悪さと筋力の低下が大きな原因です。

〈姿勢の悪さ〉
骨盤は身体の中心で上半身と下半身の
バランスを保とうとして傾きます。

片方の足にばかり体重を乗せていたり
肩に重たい鞄をかけていたりすると
左右の傾きが生じます

妊娠中は大きなお腹を支えるために
反り腰になってしまい、前に骨盤が傾きます

逆に猫背だと後ろに骨盤が傾いてしまいます。
猫背の予防法はこちら→猫背予防に背中のストレッチ

あとは片方ばかりに負担をかけていると
硬くなった筋肉が、骨を引っ張ってしまい
歪みの原因になります。

妊娠中はどうしても普段通りには動けず
偏った姿勢になりがちですし、出産後は
赤ちゃんを抱っこしたりと、これまた今までとは
違う動きをするので、身体のバランスが
崩れてしまいます。

長くなってきたので筋力のお話は
次回にしますね。

関連記事