お肌のゴールデンタイムと睡眠ホルモンの関係

こんにちは、かとう七宝治療院
院長の加藤です。

当ブログ記事では皆様に笑顔でイキイキと暮らしていただくために、
健康の大切さに気付いてもらい、元気で幸せな未来を歩むための
お手伝いをさせていただいております。


前回ではお肌のゴールデンタイムの新説と旧説を
成長ホルモンから見て説明しましたね。
前回の記事はこちら→お肌のゴールデンタイムの新説・旧説

今回は睡眠とお肌に関係するもう一つのホルモンも含めて考えたいと思います。
このもう一つの重要なホルモンとはメラトニンのことです。

メラトニンは「睡眠ホルモン」とも呼ばれ、体内時計に働きかけ覚醒と睡眠を切り替える
ことで自然な眠りに誘う作用があります。

さらにメラトニン抗酸化作用にも優れており疲労回復老化の予防シミの予防などさ
まざまな効果があります。

起床時に朝日を浴びるメラトニンの分泌準備が始まり、およそ14~16時間後
分泌が始まります。
そして始まって2時間後に分泌がピークになるのでその時間に眠っているのが理想です。

もし、朝6時に起きるとしたら分泌開始は夜8時で、ピークは夜10時となります。
なんと旧説のゴールデンタイムと同じです!
昔の人は自然の理にかなった生活をしていたんですね。

現代社会では流石に夜10時に眠るのは難しいので、せめて夜11時には眠れるようにしたい
ところです。
成長ホルモンやメラトニンの分泌には睡眠の質が大事です。

睡眠についての記事はこちら

メラトニンで睡眠の質を上げる

睡眠について

アンチエイジング美容鍼についての記事はこちら

アンチエイジングとは

アンチエイジング美容鍼の効果

顔に鍼を刺すなんて痛くないの?

関連記事