メラトニンで睡眠の質を上げる

こんにちは、かとう七宝治療院
院長の加藤です。
最近いい天気が続いてますね。


サーカディアンリズム」って言葉をあなたは
知っていますか?
起きる、眠る…といった生活リズムの事を呼び
ます。

睡眠に関係する2つのホルモン

「サーカディアンリズム」はメラトニンとコル
チゾールという2つのホルモンで調節され、眠り
を深くする
のがメラトニン、起きる方向に導く
のがコルチゾールです。

なので深く眠るためにはメラトニンの分泌が重
要だということになります。

メラトニンについてはこちらの記事で
説明しています→お肌のゴールデンタイムと睡眠ホルモンの関係

メラトニンを分泌させる入眠習慣
・朝日をしっかり浴びる
メラトニンは朝日を浴びることで分泌準備が始
まるので、起床時にしっかりと朝日を浴びましょう。


・就寝の2時間前には部屋の明るさを落とす
就寝前に部屋が明るすぎると、メラトニンの分泌を
妨げます。間接照明くらいの明るさが理想です。

・スマホやテレビの使用をひかえる
スマホやテレビなどの強い光はメラトニンの分泌を
妨げます。どうしても使いたい人は輝度を下げて
使いましょう。

・2時間前には入浴しておく
人は体温が下がるときに眠たくなるので、2時間前
に入浴しておくとスムーズに入眠できます。


・カフェインの摂取や寝酒はひかえる
これはメラトニンの分泌とは関係ないですが、睡
眠の質を上げるための基本的なことです。


 

身体が疲れている人疲労回復
美容が気になる人お肌のために
少しでも習慣を取り入れて、質の良い睡眠をとれると
いいですね。

当院の鍼灸治療や美容鍼は心地よく、疲労回復
自律神経の調整に効果があり、眠ってしまう人も
多くいます。


寝ても疲れがとれない人やお肌の健康を保ちたい
人は乱れたバランスをリセットして、スッキリ
ちゃいましょう。


 

関連記事