紫外線が光老化の原因となるしくみ

こんにちは、かとう七宝治療院
院長の加藤です。


前回で光老化についてお話しました。
今回は原因となる紫外線についてお話したい
と思います。
前回の記事はこちら→光老化と老化の違い

紫外線とは太陽光の一つで目で見ることは
できません

そして波長が長い順にUV-A・UV-B・UV-C
があります。

その中で地上まで届き肌に影響を与えるのは
UV-AとUV-Bで主に光老化を促進するのは
UV-A
だと言われています。

UV-Aの影響
UV-Aは肌の真皮層にまで届きコラーゲンや
エラスチンを
変性し、少しずつ時間をかけて
肌の弾力を失わせます

弾力を失った肌はたるみシワの元となり
保湿機能も落ちるので乾燥肌の原因にもなります。

UV-Bの影響
UV-Bは波長が短く真皮層には届きませんが
表皮のメラニン細胞を活性化して日焼け
起こします。

また真皮にあるコラーゲンを壊すコラゲナ
ーゼ酵素を活性化させるので、シワの原因
にもなる可能性があります。

日焼けはよくないと言われてましたが、こう
やって改めて知ると紫外線の恐ろしさが
わかりますね。
そこで気になるのが予防法です。

次回はそういった予防法やケア方法についてお話
したいと思います。

次の記事はこちら

紫外線対策と日焼け止めについて

アンチエイジング美容鍼についての記事はこちら

アンチエイジングとは

アンチエイジング美容鍼の効果

顔に鍼を刺すなんて痛くないの?

関連記事