紫外線対策と日焼け止めについて

こんにちは、かとう七宝治療院
院長の加藤です。


この記事を読んでいるあなたは普段どんな
紫外線対策をしていますか?

今はUVカットの帽子やアームカバーなど
たくさんのグッズがありますね。
ですがやはり紫外線対策の基本は日焼け止め
を塗ることです。

日焼け止めは紫外線から肌を守るので、光
老化の予防にもなります。

光老化の記事はこちら→光老化と老化の違い
紫外線の記事はこちら→紫外線が光老化の原因となるしくみ

日焼け止めの数値の見方

日焼け止めを詳しく見てみると「PA」と
「SPF」という文字があります。

PAとはUV-Aの防止効果を表す値で+~++++
と表示されています。
+の数が多いほどUV-Aの防止効果が高い
ことになります

SPFはUV-Bの防止効果を表す値で数値1
につき20分UV-Bから肌を守ることができ
ます。
つまりSPF20なら20×20=400で約6時間
40分と効果が持続するということです。

効果が高いと負担も増す

PA値とSPF値が高い方がいい気がしますが
肌の負担が大きいのでそうでもありません。

数値が高いのは海や山などのレジャーに行
った時などにとどめ、普段はPA++SPF20
くらいで十分です。

SPFが20でも汗や衣服で取れてしまうので
2~3時間で塗り直すといいです。

あとは落ちにくいのもあり、強くこすって
しまうと肌のダメージになるので注意が
必要です。

これからだんだんと日差しが強くなります。
光老化を防ぐためには日頃から紫外線対策
を怠らないようにしていきましょう。

アンチエイジング美容鍼についての記事はこちら

アンチエイジングとは

アンチエイジング美容鍼の効果

顔に鍼を刺すなんて痛くないの?

電気を流すのは危なくないの?

関連記事