身近な便秘と病気の落とし穴

こんにちは、かとう七宝治療院
院長の加藤です。


生まれつきよく便秘になる

最近便秘気味になってきた

便秘は身近な症状ですが、意外と病気の落とし穴
になったりするので、目安となる症状と病気をご
紹介します。

便秘は大きく分けて器質性便秘機能性便秘があ
ります。

機能性便秘は生活習慣を改善すれば解消できるの
に対し、器質性便秘は胃や小腸、大腸、肛門など
に疾患があり、病院で診てもらう必要があります。

器質性便秘の特徴

器質性便秘は便秘のほかに次のような症状が現れ
ることが多いと言われています。

吐き気や嘔吐

激しい腹痛

血便

高熱

たかが便秘と思わずに、上のような症状が共に現れ
たら病院へ受診してください。

器質性便秘の原因となり得る病気

・大腸がん
大腸がんは女性の死因トップになり続けている病気
です。

血便便秘や下痢を繰り返すのが特徴です。

・腸閉塞、腸捻転
腸閉塞や腸捻転は腸が詰まったりねじれたりすること
で食べ物やガスが流れずに詰まってしまう病気です。

最初は普通の便秘のように感じますが、急速に症状が
進行して命に関わる事もあります。

・潰瘍性大腸炎
潰瘍性大腸炎はその名の通り大腸に潰瘍ができる病気
ですが、原因が不明で難病に指定されています。

次第に便が緩くなり血便便秘と下痢を繰り返します。

・腹膜炎
腹膜炎は細菌感染により起こる腹膜の炎症です。

便秘と共に発熱・悪寒・嘔吐などの症状を併発し、腹痛
がしだいに広がっていきます。

身近な症状だからと放っておいて後悔しないためにも
一度自分の状態を確認し直してみて下さい。

関連記事