五十肩

当院には今まで、違和感を感じる軽度の五十肩から、凍結肩と呼ばれる重度の五十肩まで、様々な患者さまの治療を行い、喜ばれてきました。
ある日突然、肩や腕に痛みが走ったり、腕が思うように動かせなくなるのが「五十肩」です。
正しくは肩関節周囲炎といいますが、40代・50代の人に多く発生するので四十肩・五十肩と呼ばれています。

五十肩は「放っておいてもそのうち治る」といわれることがありますが、そんなことはありません。
治ったようにみえて、実は痛くないような使い方をしている場合や、炎症が落ち着いているだけで腕は上がらないまま後遺症として残っている場合があります。

また、五十肩には「腱板断裂」や「石灰沈着性腱板炎」といった似たものがあるので、ちゃんと検査をして正しい判断をすることが重要です。

五十肩は肩のどこかが炎症を引き起こしている状態です。
つまり、炎症からくる痛みが根本となるので、治すには炎症を無くすことが必要です。

炎症を放っておくことで、焼け野原が拡がるように炎症が拡がり、痛みやツラさが悪化します。
炎症で筋肉が硬くなると関節の動きも悪くなり、夜中にジンジン痛む「夜間痛」や服を着替えるのに一苦労など、日常生活もままなりません。

当院は炎症をしっかり取って筋肉の拘縮や組織の癒着を剥がすことで、五十肩を改善へ導きます。
整形外科の注射やリハビリでは改善されなかった方、いろんな所に行っても変化が見られなかった方、もう良くならないと諦めてしまう気持ちは解りますが、もう一度、楽になれるように一緒に頑張りましょう。

五十肩の原因として考えられること

実は現在の医学では五十肩の原因は、はっきりと解明されていません。
しかし、五十肩の患者さまには共通していることがあります。

  • ・長時間固定された姿勢で長く作業している
  • ・持続的な負荷がずっとかかることをしている
  • ・運動不足

つまり、運動不足や疲労が大きな原因の一つになっていることは間違いないということです。
五十肩は人によって起きている痛みや症状の酷さが違います。
しっかりと検査することで五十肩とそうでない病気を分けて、適切な治療を行うことが改善には重要です。

五十肩の治療ではこのようなことに気をつけております

  • ・炎症を起こしていないか?
  • ・五十肩なのか類似症状なのか?
  • ・筋膜や組織の癒着を起こしていないか?
  • ・どのような時にツラさを感じるのか?
  • ・痛みや動きの制限の元になっているコリはどこか?

当院ではこのように治療を進めていきます

  • ・あなたのお悩み・お困り・どうなりたいのかをしっかりとカウンセリングいたします。
  • ・お身体の状態を検査と触診で調べます。
  • ・五十肩で治療可能なのか、当院ではお力になれない別の病気なのかをお話しいたします。
  • ・お身体に鍼灸治療をおこない、炎症や痛みを改善へ導きます。
  • ・動きの制限となっている、硬くなった筋肉や組織の癒着によるコリをほぐしていきます。
  • ・症状の改善度に合わせてセルフケアをご紹介いたします。

しっかりとカウンセリング、触診、検査をすることによって、早くおツラい状態から解放されるようにアプローチいたします。
手を伸ばして高いところのものが取れる、好きなバレーができるなど、後遺症が残らないように治療します。

五十肩に対して当院の治療ができること

鍼灸治療や整体を行うことで以下のような効果を期待できます。

  • 炎症を抑えること
  • 夜間痛や痛みを鎮静させること
  • コリをほぐし、筋膜や組織の癒着をはがすこと
  • 血流を良くして、奥の固まった筋肉を柔らかくすること

あなたが元気でイキイキと暮らす助けになる為に、当院があなたの健康の支えとなり、活気ある毎日をお届けします。