AGA って何?薄毛の原因について - かとう七宝治療院

AGA って最近よく耳にしますよね。お笑い芸人のナイティナインが出ているCMが印象的です。

 

突然ですが薄毛の原因って何だと思いますか?毛根の寿命?ホルモンのバランス?

 

実は毛根に寿命はありません。毛根が死ぬのは外傷で細胞が破壊された時と抗がん剤の副作用くらいです。

AGA

AGA っていったい何のこと?

 近年CMでもAGAについて取り上げられ、多くの皆さんが耳にしたことはあると思いますが、そもそもAGAっていったい何でしょうか?

 

 薄毛=AGA、抜け毛=AGAって感じでしか認識がない方がほとんどではないでしょうか。今回は薄毛の原因 、AGAについて詳しくご紹介します。

 

AGAはAndrogeneric Alopesiaの略です。日本語にすると“男性型脱毛症”です。

 

思春期以降の成人男性に起こる脱毛症のことで、額の生え際が後退していくことが多いです(よく耳にするM字タイプのことですね)。

 

脱毛が頭頂部からはじまる場合もありますし、額と頭頂部の両方から脱毛が起こることもあります。徐々に進行して薄毛が目立つようになります。

 

 

AGA の原因は?どうして薄毛になるの?

 

AGAは一般的に男性ホルモンの影響が原因と言われています。さらにAGAは遺伝的な要素が大きいことが分かっています。

 

男性ホルモンの一つである、DHT(ジヒドロテストステロン)が作用し引き起こすこと考えられています。男らしい筋肉を作るために必要なホルモンなのにこれがどうして脱毛につながるのでしょうか……。

 

それは、DHTが正常なヘアサイクルを乱してしまうからです!

 

正常なヘアサイクルを乱して薄毛を進行させてしまいます…まずヘアサイクルが良く分からない人に簡単に説明します。

 

正常なヘアサイクルを簡単に説明!

 

正常なヘアサイクルとは毛が生えて抜け落ちるまでの工程のことを言います。3つに分けると【成長期】【退行期】【休止期】となります。

 

簡単に言うと、【毛が生える】⇒【育つ】⇒【抜ける】⇒【毛が生える】…という風に続いていきます。これをヘアサイクル(毛周期)といいます。

 

生えている髪の毛が各々違う周期で進んでいるので毎日抜け毛があっても髪の毛の量はほぼ一定に保たれています。

 

◇正常なヘアサイクル:成長期

 

成長期はその名の通りどんどんと髪の毛が伸びている時期です。この時期はより太く、艶やコシのある髪の毛を作っていきます。

 

成長期はヘアサイクルの中でもっとも長いです。私たちの生えている髪の毛は90%以上成長期にあたります。2年から長いものは6年も成長していきます。

 

せっかく髪の毛が成長しても私たちは美容室で髪の毛を切ってしまいますが……なんだが申し訳ない気持ちになってしまいますね。そんなにも長く一緒にいるとは思わなかったです。

 

◇正常なヘアサイクル:退行期

 

 退行期とはいままでどんどん育っていた髪の毛が成長しなくなる時期のことです。髪の毛は毛根の細胞分裂で下からどんどんと押し出されていくことで伸びていました。

 

 だんだんと弱っていき毛根からスルッと抜けて落ちていく前の段階です……。私たちの髪の毛の約1%がこの退行期を迎えています。

 

◇正常なヘアサイクル:休止期

 

 休止期とは毛根と毛穴に隙間があり、その密着性はなくなっています。簡単に抜けやすくなっているのでシャンプーをしたりすることで自然に抜け落ちます。休止期間というのは数ヶ月続きます。ゆっくりと毛が抜けていくんですね。ちなみに休止期を迎えているのは今ある髪の毛の10%ほどあるそうです。割と多いですね。

 

 

AGAになるとヘアサイクルはどうなる?

 

では本題に戻りましょう。

 

 AGA ではヘアサイクルが乱れて薄毛になるということは説明しましたが、どう変化してしまったのでしょうか……。

 

 ヘアサイクルの乱れとは髪の毛の周期が短くなっていることを言います。要は、成長期から休止期まで2年~6年あったものが2年以下、さらにひどい場合は1年以下まで周期が短縮されています。

 

 成長期の細胞分裂が止まって細く、短く、コシのない髪の毛が生え、さらにはあっという間に抜け落ちてしまうんです。切ない…。

 

 そんな髪の毛ばかりが生えてしまえば、もちろん抜け毛も増えるし、細くて成長も悪いのでどんどん薄毛になってしまいます。

 

 ですが……今ならAGAは改善できます。病院でしたら薬でDHTの生成を抑制しますし、鍼灸でしたらDHTの蓄積を防ぎます。どちらも早期治療が必要です。

 

AGA かもしれない…簡単にできるチェック項目4つ

 

AGA のことは良く分かったけどどうやって診断すればいいか分かりませんよね。なかなか薄毛のことを相談しにくいし、直接病院に行くのも勇気がいりますよね。

 

ここでは自分で簡単にできるチェック項目をご紹介します。

 

・枕に抜け毛がよく落ちている

・髪をセットするときにうまくいかない

・生え際が薄くなってきた or 頭頂部が薄くなってきた or もしくは両方薄くなってきた

・家族も毛が薄い

 

この4つのうち2つ以上当てはまる場合はAGAの可能性があります。ですがあくまで可能性です。ストレスや生活環境の変化などで男性ホルモンのバランスが崩れていることもあります。

 

そうは言うものの……実際薄毛の多くはAGAであることが多いです。早期発見が重要なので気になる方は専門医に相談してみてください。

 

AGA のまとめ

 

 簡単にAGAについてまとめましたが、いかがだったでしょうか。AGAはヘアサイクルを正常に戻すのは長く時間を要します。AGAは進行性の脱毛症です。長い道のりですが治療の一歩を踏み出すことが大切ですね。

かとう七宝治療院は、皆様に笑顔でイキイキと暮らしていただくために、健康の大切さに気付いてもらい、元気で幸せな未来を歩むためのお手伝いをさせていただいております。

 

関連記事