プロフィール

加藤 洋史

かとう七宝治療院 院長 加藤 洋史

出身地 名古屋市熱田区
居住地 海部郡蟹江町
生年月日 1989年10月3日
血液型 A型
経歴 名古屋市立宮中学校(ハンドボール部)
愛知県立松蔭高校(ハンドボール部)
中和医療専門学校 はり・きゅう・あん摩マッサージ指圧科
資格 はり師 国家資格
きゅう師 国家資格
あん摩マッサージ指圧師 国家資格
米国NLP協会認定™マスタープラクティショナー
趣味 ゴルフ、映画鑑賞、旅行
好きな食べ物 焼肉、ラーメン
好きな言葉 有言実行
マイブーム 酸欠少女さユり(歌手)

院長あいさつ

かとう七宝治療院は痛みやツラさなど、今起こっている症状でお困りのあなたを、「1日でも早く楽になってほしい」という思いから早期改善を目指し、そしてその先の「元気でイキイキとしたあなたらしい生活」を送れるように、一緒に治療に取組んでいきたいと考えています。

かとう七宝治療院の理念は
治療を通じて、再発しない身体づくりと予防治療の大切さを広め、患者さまの元気と安心の支えとなって、みんなが健康で活気ある社会を作ることです。

患者さまが少しでも健康になり、幸せになっていただくことが、患者さまの家族や周りの人の幸せにつながり、世の中に元気と幸せの輪が拡がって欲しいと考えております。
痛い・ツラいが改善するだけでは健康だとは言えません。
あなたの好きなことや趣味・やってみたいことが楽しめる状態が健康だと思います。
幸せの答えは人それぞれありますが、「身体が健康であること」が大前提だからこそ、治療や予防が大切なんです。

もし、あなたに今お困りの症状があるのでしたら当院は

  • ・お互いが同じゴールに向けるようにしっかりとお話を聞きます。
  • ・あなたの身体の状態に合わせたオーダーメイド治療で早期改善を目指します。
  • ・予防治療から再発しない身体づくりを目指し、健康を維持します。
これらを基本の方針として、治療計画をご提案いたします。

あなたの身体に替えはありません。
失って初めて、大切さに気付いてからでは遅いのです。
当院はそんな後悔している人を多く見てきました。
だからこそ患者さまにはそんな思いをして欲しくありません。

あなたの身体の改善には
あなた自身が責任をもって「しっかり治していこう」
「健康な状態を維持しよう」という気持ちを持つことが大切です。

当院はそういう気持ちを持った人を全力で支えます。
そして元気になったあなたが、今度は周りの人々の助けになってください。
そうすることで少しずつ幸せの輪が拡がるのだと思います。

あなたがもし痛みや不調でお悩みでしたら、一度当院へご相談ください。
病院や接骨院や他の治療院で改善しなかった方も何かお力になれるかもしれません。
みんなが元気でイキイキと過ごせるように、
当院ができる限りサポートいたします。

学生時代と鍼灸との出会い

私は中学・高校とハンドボールをしていました。
特に中学生の時は毎日朝練と夜7時まで練習、休みは2ヶ月に1日といった具合でした。
体と体がぶつかる激しいスポーツをやる中で、厳しい練習の日々が続き、次第に僕は腰痛に苦しめられるようになりました。
そんな僕を父親が、通っている治療院に連れて行ってくれたのが鍼灸との出会いでした。

最初は少しだけはりが怖かったのを覚えています。
だけど実際に受けてみると痛くなく、それどころか日頃の疲れもあって爆睡していました(笑)
しかも、あれだけ痛かった腰痛が嘘のように楽になり、凄い!と感動したのを今でも覚えています。
おかげで部活も続けられ、全国大会に出場することができました。

そうした経験と、もともと父親が腰痛持ちで苦しんでいるのを何とかしてあげたいという想いがあり、いつしか自分も人の助けになれる仕事がしたいと、鍼灸師を志しました。

下積みの修行時代

専門学校に入ってからは、自分が通っていた治療院に弟子入りしました。
そこは昔ながらの「技術は盗め」といった考えのところで、基本を教えてもらう以外は自分で試行錯誤を繰り返す日々でした。
当然「学ばせていただく」のでお給料なんてありません。バイトと並行しながら通い、技術が未熟なうちは患者さんに話しかけても相手にしてもらえないこともありました。
患者さんにダメ出しされ、話もしてもらえず、忙しさでパニックになる。
そんな中で少しずつ技術を磨きいろいろと学んでいくうちに、だんだんと患者さまが褒めてくださり、喜んでもらえるようになったのがとても嬉しかったです。

治療への想い、痛みの治療から予防治療へ

鍼灸師として経験を積んでいき、「根本からの改善」や「真の健康」というものを追い求めていた私は、治療技術をはじめとした心と身体の関係・心理的なケア・栄養と肉体・民間の健康法などさまざまなことを学ぶ中で、とある想いを持つようになりました。

それは「症状を改善だけでなく、ずっと健康でいて欲しい」という想いでした。
一般的に多くの人が  痛い→薬を飲む→痛みが無くなる→治った  と考えています。
「痛くない=治った・健康」というのは間違いではありませんが、「治った=二度と悪化しない」という訳ではありません。
根本から改善しても、その後に放っておいたらまた元通りになってしまいます。痛い時・ツラい時に治療を受けるだけでは、日常の負担から骨のズレや神経の圧迫が悪化してしまいます。
もちろんズレた骨は元には戻りません
治す事よりも悪化させない事、予防が1番大切なんじゃないか?とようやく気がつく事ができました。

開院してから

たくさんの人々とのご縁と助けによって、ようやく自分の治療を表現できる場を得ることができました。

治す(なおす)とは治める(おさめる)「安定させる・管理する・落ち着かせる」という意味もあります。
困っている症状を改善することも大切ですが、当たり前に元気で活気ある毎日を過ごす。というあなたがあなたらしくイキイキと生活できることが本当に大切なことだと考えるようになりました。

私自身、以前は腰痛を感じたり肩コリを感じたりしましたが、定期的に予防ケアをするようになってからは毎日快適に過ごせています。

当院は治療を通じて、再発しない身体づくりをと予防治療の大切さを広め、患者さまの元気と安心の支えとなって、みんなが健康で活気ある社会を作ることを理念としております。

自分の想いは中学生の頃から変わっていません。
「苦しんでいる人・困っている人の助けになりたい」ただそれだけです。
あなたの喜んでいる姿を見ることが私の喜びです。

ご相談などがございましたら、お気軽にどうぞ
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ご予約・ご相談などありましたらお電話にてお気軽にお問い合わせください。

  • 052-870-3836
  • 【診療時間】
    9:00~20:00(木・日・祝休)
WEB予約
治療内容について
治療料金について
院案内・アクセス