052−870−3836 info@kato-shippo.com

肩こり改善 をしたいなら、こりについて知ることが大切です。
いつもスッキリしない、長いこと肩こりを繰り返すのなら
治療法を間違えています。

コップから水が溢れているのに、コップの中身を捨てて
蛇口を止めないのと同じです。
肩こりはその名の通り肩のこりを取ることで良くなります。

肩こり改善

なぜならこりがすべての元凶であり、こりを取らないと
少し経てば再発してしまうからです。

こりがどういったものなのか知り、どうすれば取れるのかを
知ることで、肩こりに悩むことのない未来が見えてきます。

 

肩こり改善 にはこりを知りましょう

では、これだけ力説しているこりとは何なのか?
パッと思いつくのは筋肉のこりかと思います。
むしろそれ以外何があるの?ぐらいな感じですよね。

当院では単にこりといってもいくつか種類があると考えており、
それぞれ「筋肉、筋膜」「淤血」「その他軟部組織」
大きく分けて解説致します。

・筋肉、筋膜
みんながイメージしているこりがこちらになります。
筋肉や筋膜が緊張したまま固まり、血流が悪い状態です。

触ったときに硬い筋肉が盛り上がっていたり、
少し押すと
奥に硬い筋肉に触れる場合は、それがこりです。

・淤血
淤血とは東洋医学の考えで、
血液の流れが滞り、溜まっている
悪い血のことです。

淤血タイプのこりは皮膚を少し押すと独特の抵抗があります。

・その他軟部組織
軟部組織というのは骨以外の筋肉や血管、神経、脂肪などの
組織の事を指します。

わかりやすくシコリになっているものもあれば、水の上に浮かぶ
油のように触ってもわかりにくいものもあります。

 

こりは自然に治らない

実際に肩こりを改善するには、こりを取らなければなりません。
ここで問題になるのが

こりは自然に治らない

ことです。

通常、ひざをすりむいたり風邪を引いたり、身体に異常がある
場合は免疫が働いて正常な状態へ治そうとします。

しかし、こりの場合はそうはいきません。
どれだけこりがあっても身体が異常を認識せず、免疫が
働かないのです。

免疫が働かなければいつまで経ってもこりは治らず、
肩こりを繰り返し続けます。
薬じゃ治らない理由もここにあります。

 

肩こりを治す方法

先ほど、肩こりは免疫が働かないとお話しました。
では、どうしたら肩こりは治せるでしょうか?
答えは簡単で、免疫が治してくれるようにすればいいのです。

当院では2つの方法で肩こりを改善へ導いております。

・鍼灸
鍼灸でのこりの治し方がはとてもシンプルです。
鍼を刺して身体に微細なキズをつけることで、免疫が活性化し
キズを修復します。
免疫がキズを修復するとともに、こりも一緒に治してくれるのです。

こりが広い範囲に渡れば打つ本数も増えますが、施術を重ねる
ごとに範囲は小さくなり、症状も改善されていきます。

硬くて伸びなかったゴムが、柔らかく良く伸びるゴムに
生まれ変わるように、免疫作用で新しく組織が作り替えられるので、
すぐに
再発することもありません。

 

・指圧整体
指圧整体の基本的な考えは同じで、刺激を与えることで
免疫を活性化させます。

こりを散らすように指圧することで強く押さえなくても
十分な効果を得られ、こりが取れるごとに首や肩の可動域も
改善します。

筋膜の癒着を剥がすように行い、血流を良くすることで
硬いビーフジャーキーを柔らかい生肉にする感じです。

 

*最後に

いかがでしたでしょうか。

今まで肩こりでお悩みだったあなたも、このように免疫を活性化
させて内側から治すことで改善されます。

鍼灸に対して抵抗があるなど、いまいち踏ん切りがつかない部分も
あるかもしれませんが、きっと受けてみてよかったと思うはずです。

肩こりはこりを取らなければ改善されません。

免疫を活性化させて内側から治すことで、肩こりに悩む日々から
解放されるのです。

かとう七宝治療院は
皆様に笑顔でイキイキと暮らしていただくために、
健康の大切さに気付いてもらい、元気で幸せな未来を歩むための
お手伝いをさせていただいております。

 

当院の肩こり治療はこちら
(→当院の肩こり治療をご紹介します

(→肩こりの治療期間・回数は?