052−870−3836 info@kato-shippo.com

ゴルフスイング改善 をするとスイングの安定だけでなく、
スコアアップや気持ち良くゴルフが楽しめます。
身体に無駄な力が入らないので怪我の心配も減ります。

ゴルフスイング改善 をしたいなら、肩こりを治すことで飛距離を
伸ばしたり、安定したショットを打てるようになります。

 

ゴルフスイング改善

 

なぜなら肩のこり=筋肉の緊張があると、テイクバック時に
身体と一緒に頭も回ってしまい、ダフりやトップの原因になるからです。

肩こりを改善し、首周りの緊張を減らすことで、
上半身の捻転がスムーズに行え、力みのないスイングができるのです。

 

ゴルフスイング改善 で飛距離アップ

ゴルフは飛距離じゃないとわかっていても、ついつい飛ばしたく
なってしまいます。
身体の捻転が深ければ飛距離アップも可能です。

肩から背中にかけての筋肉が硬いと、身体の捻転不足で飛距離が
落ちたり、無理に飛ばそうとしてショットが乱れます。

肩甲骨の可動域が重要なのですが、背中が丸まっていると可動域が
狭くなり捻転不足になりやすいです。
当院では菱形筋を緩めて肩甲骨の可動域が改善します。

 

肩こりによるスイングの乱れ

安定したキレイなスイングを行うには、頭の位置や顔の向き
目線を安定させることが重要です。
そのうえで上半身を素早く捻転させなければいけません。

首から肩にかけての筋肉が硬いとヘッドアップしやすくなったり、
身体の捻転と一緒に頭も動いたりしてミスにつながります。

安定したスイングができれば安定したショットが打てます。

 

スイングリズムの安定

もう一つスイングで大切なのがリズムです。
テイクアックからインパクトまで一定のリズムで打てた方が
淀みのないキレイなスイングができます。

筋肉の緊張があると力みやすくなるので、腕を降ろすときに力んで
しまい、振り遅れやダフりを誘発します。
スライスになりやすい人は右肩に力みがある可能性が高いです。

私も打ちっぱなしで上手くいかない時は力んで打っています。
そういう時はすぐに疲れちゃいます。

 

*最後に

肩や首の筋肉のこりがスイングの邪魔をしています。
勢いよく振ってしまう癖が治らない人は肩こりが原因かもしれません。
悪循環にハマるとスイング自体がおかしくなります。

こりを取ることでミスを軽減し飛距離をアップさせ、
肩こりも解消されます。
ゴルフが上達しながら身体も楽になれるなんて一石二鳥ですね。

 

かとう七宝治療院は
皆様に笑顔でイキイキと暮らしていただくために、
健康の大切さに気付いてもらい、元気で幸せな未来を歩むための
お手伝いをさせていただいております。

 

 

こちらの記事もオススメ
肩こり改善で知っておくべき3つのこと 

肩こりの治療期間・回数は?